FC2ブログ
--, --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:--         [スポンサー広告]
Posted by 桜御前
23, 2008
やっとこ更新できました。
最終話です。


書きたいことは書ききったと思います。
色々詰め込みすぎて、訳分からなくなったくらいに(涙)。
でももう、おなかいっぱいです。
もう十分。
悔いはない!キラキラ


えー、以下ネタバレですので、読み終わってバレOKな方のみドゾー。





というわけで、「BELOVED」とリンクした話でした。
管理人が大昔に出した最初で最後の同人誌にはその続きのような短編を書き下ろしました。
今回はその続きです。
…あれだね、自慰行為ってヤツ?
自分の作品を弄って遊ぶってヤツです。
Wパロディだと言ったのは、こういう理由でした。


書いたきっかけは、リョ塚を幸せにしてやりたかったという事に尽きる。
そして「BELOVED」では書ききれなかった部分を書いてみたかった。
びらぶどでは、どうしても「テニス」というものが付き纏っていたので。
手塚にとってもリョーマにとっても、「テニス」というものは「愛」以上に生きていく上で外せないもの。
そういう世界が大前提での話だったので、「愛」の部分がやはり物足りなかったというのが自分自身の感想でした。
今回はソレを補完するお話。
書けて満足です。


まぁ、予想以上に暗くなったなのは自分でもビックリですがね!(苦笑)
根が暗いんだよ、きっと。
性格歪んでんだな、あたし…。


「目が覚めたら××…」というフレーズが何度も繰り返されてると思いますが、それ以外にもいろんなフレーズを繰り返して使いました。
全部「BELOVED」からリンクさせるためのもので、最終話に繋げるためのものでした。
改めて読み返すと「…くどいなぁ」としか思えません(オイィィィ!)。
力量不足ですな、完全に。
まぁ、印象深く残ってくれたらいいなと思っています。


この世界での話の中で、「天窓」はとても大事なものだったので、それにつなげるために「目が覚めたら…」の言葉を何度もシチュエーションを変えて使ってきました。
あたしの中で「愛」というものは、同じものを見て、同じ空気を感じて、笑い合うもの、という考えがあります。
意見が食い違ってもいいの。
感じ方はそれぞれで全然構わない。
でも同じ場所で、何かを共有したり共感出来ることって、本当に貴重で愛しいものだと思うのです。
それの象徴が、この話では「一緒に見たカナダの星空」であり、そこを大事にしたリョーマが残した家の「天窓」でもあり、思い出なのです。
幸せの象徴なんです。


そのほか言いたいことは全て最終話の不二先輩に語らせました。
彼がいなかったらこの世界は成り立たない。
「言葉を惜しむな」
この言葉は、「BELOVED」での手塚にも、今作での手塚にも、どちらにも伝えたかったもの。
全部全部、不二先輩が言ってくれたので満足しています(笑)。


あ、そうそう。
不二先輩は天使です(爆)。
いやいや死神?
なんだかよくわかりません。
魂を回収するお仕事です。
…あれ、黒崎君?(ブリーチ)


何はともあれ、無事に終わりました。
3ヶ月かかりましたね。
リョマたん、今更だけど誕生日おめでとう(笑)。


「どうか、幸せに」!!


最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました!
スポンサーサイト
00:25:27    comment:0    trackback:0   [未分類]
Posted by 桜御前














 

http://p666.blog13.fc2.com/tb.php/439-51739964
銀さんはO型かな?| HOME | 今週のジャンプ…というかこれからのジャンプ感想。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。